コンテンツ

スキミング被害をなくせ!

スキミング被害対策はコレ!

スキミングの被害は受けてからもなかなか気付きにくいもので、
それが犯人の狙いでもあります。すぐに気付かれてしまうと
つかまりやすいからです。

被害にあわないようにすること、そして被害にあったとしても、
すぐに気付けるような環境を整えておくこと、それがスキミング被害対策です。
今回はキャッシュカードとクレジットカードの被害対策をご紹介していきます。

ATMはいろいろなところで利用しない

どこにでもあって便利にお金が下ろせるATMですが、色々なところでおろしていると、
もしかしてそのうちにスキマーが取り付けられているATMを使用しているかもしれません。
またそれぞれのATMによって特徴が異なるので、なんだかいつもと違う…という違和感を
持つこともありません。自分自身で利用するATMの特徴を覚えておき、そのATMだけを利用する
ようにしておけば、安心できるでしょうし、万が一スキマーが取り付けてあれば気付けるはずです。

便利なATMがいつも同じ場所でしか使えないとなると不便ではありますが、
スキミング対策にはいい方法です。

 

暗証番号を見られないように注意する

スキミングでキャッシュカードを狙う場合は、暗証番号も同時に入手しておかないと預金を
下ろせないので、犯人は必ず暗証番号も狙います。ATMに怪しいカメラが取り付けられて
いないかを確認するとともに、忘れてはいけないのが周りからの視線です。
ATMによっては意外と無防備で暗証番号が見られやすいものもあります。
 

暗証番号は覚えにくくても複雑なものを

誕生日やいつも同じ暗証番号を使っていると、知られる可能性が高くなります。
覚えるのが面倒だといっても、できるだけ複雑で知られにくいものを選んで
利用するようにしましょう。定期的に変えるというのも対策になります。
 

お会計は目の前でしてもらおう

クレジットカードのスキミングを避けるためには、利用する店舗を選ぶと同時に、
お会計を見えないところでされてしまわないように気をつけてください。
どうしても見えないところに持っていかれてしまう場合は、できるだけ現金で支払いを
するようにしましょう。常にクレジットカードは目の届く範囲で扱ってもらうのが安心です。
 

限度額を最小限にしておこう

クレジットカードを作ったままで限度額がいくらか知らないという人は多いです。
多く設定されている可能性も高いので、自分が利用するであろう最小限に変更して、
不正利用を防ぎましょう。

利用されたら終わり…ではなく、利用する額を減らすことで
被害は最小限に抑えられます。

@当日お金を借りたい方必見!